狐笛のかなた

上橋菜穂子さんのファンタジー小説です。

獣の奏者」なんかが有名な人ですね。

私は「獣の奏者」が読みたいなぁと思ったんですけど、上橋さんの作品は読んだ事なかったし、

続きの文庫本が発売されていないので、まずは「狐笛のかなた」を読もうと思いまして。

なんだか動機が不純な感じもしますが・・・

感想としましては、とても楽しかったです!(小学生の感想文みたい・・・

舞台が日本のファンタジーのようなんです。風景が目に浮かんでくるような感じでした


魔法がバンバン使われるわけじゃないのですけど、純粋な気持ちっていうんですかね

なんだかほんわかできたり、緊張が走ったりととても良い作品に出会いましたとさ。めでたし、めでたし。



狐笛のかなた


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック